BFRトレーニングと加圧トレーニングの違い

BFRトレーニングと加圧トレーニングの違い

 

BFRトレーニングとよく似たもので、

以前TVなどでよく取り上げられた

加圧トレーニングというものをご存じでしょうか。

 

加圧トレーニングも専用ベルトを腕や脚に巻き、

圧を加えてトレーニングする方法ですので、

見た目はほとんど同じなのですが、

いくつか決定的に違うところがあります。

 

設定圧の違い

加圧トレーニングは腕や脚にベルトを巻く際、

200mmhg~300mmhgという単位の圧をかけるのですが、

BFRトレーニングはこれを80mmhg~150mmhgに抑えます。

圧は高ければ高いほうがトレーニングもしんどいです。

 

圧を抑える理由として、

点状出血や血栓症などの健康上のリスクを激減

させることが挙げられます。

 

点状出血とはベルトを巻いた場所の下に発生する

毛細血管の破裂が原因の皮下出血です。

 

赤や紫の点々がアザのようにできて、

場合によっては消えるまでに

かなりの月日がかかることがある症状なのですが、

BFRトレーニングの80mmhg~150mmhgの圧であれば

ほとんど発生することはありません。

 

血栓症は血管の中にできた血のかたまりが

血管につまる病気です。

 

血栓は圧を高めれば高めるほどできてしまう

リスクも高くなるのですが、

BFRトレーニングの圧で血栓ができる可能性は

ゼロとは言えませんが極めて低いです。

 

また最近のBFRトレーニングの

実験で80mmhg・150mmhg・200mmhgの圧で

トレーニングをした場合、

一番成長ホルモンが分泌されたのが80mmhgであったと

いう結果が出ており、

この実験の結果を見ると、圧は高ければ高いほど効果がある、

という訳ではないということがわかります。

 

 

トレーニング方法の違い

加圧トレーニングは一度ベルトを巻いたらトレーニングが終わるまで

外さないことが多いですが、

BFRトレーニングは基本的に1セットごとにベルトを外して圧を緩めます。

 

例えばBFRベルトを巻き軽いスクワットをするときは、

 

1セット目25回→休憩→2セット目20回→休憩→3セット目15回という感じです。

 

休憩の間はベルトを外します。

 

これも最近の実験で、巻きっぱなしでもセットごとに

外しても同じ効果があるという結果も出ています。

 

より安全に成長ホルモンを分泌することができ、

お腹周りの脂肪燃焼を促し、さらに筋肉の成長も助けてくれるのです!

 

 

トップページはこちら

 

プロフィール

前迫大昌プロフィール

前迫 大昌(まえさこ ひろまさ)
詳しいプロフィール

お客様の声 一覧ページ

  1. H・Tさん(49歳 女性 会社員 ※あくまでも個人の感想です。)

    お腹周りは、10㎝ダウン、その他背中やヒップな...

  2. I・Мさん (30歳 女性 事務員 ※あくまでも個人の感想です。)

    毎日会う母に「痩せた?」「無駄な肉が減っている...

  3. M・Tさん(56歳 女性 事務 ※あくまでも個人の感想です。)

    ウエストが細くなり、制服のスカートもゆるゆるに...

  4. K・Tさん(26歳 女性 事務職 ※あくまでも個人の感想です。)

    正しい姿勢のおかげで下腹部はへこみ、お尻はキュ...

  5. G・S様(37歳 女性 事務職 ※あくまでも個人の感想です。)

    はけなくなったジーンズが入ったり、ご近所さんに...

  6. I・Y様 (40代 女性 パート ※あくまでも個人の感想です。)

    詰め放題状態にきつきつで購入のボトム達、スルッ...

  7. 吉村紀咲様(20代 女性 ※あくまでも個人の感想です。)

    体脂肪を落として、筋肉量を増やすという私の理想...

  8. k・S様(40代 女性 会社員 ※あくまでも個人の感想です。)

    一番はやはり上半身。以前着ていたアディダスXS...

  9. I・M様(40代 女性 ※あくまでも個人の感想です。)

    トレーニングを始めて3か月弱ですが、姿勢が良く...

  10. S・H様(50代 女性 接客業 ※あくまでも個人の感想です。)

    ウエストが細くなった。ヒップアップ。太ももがサ...