広島 ダイエット パーソナルトレーニング くびれ 

広島唯一! お腹痩せ くびれ作りダイエット専門 パーソナルトレーニングスタジオ 【Slen】

【ひるまえ直送便】に出演中! 美ューティーエクササイズのコーナーを担当しています! 毎週月曜日11:30~放送

夜遅く、ご飯を食べている方へ


パーソナルトレーニングスタジオ
Slen(スレン)で活動する
前迫です。
 
 
はじめましての方はこちらを
ご覧ください。
 
↓↓↓
 
・プロフィール
 
 
よくある質問
 
 
夜遅くに晩ご飯を
食べるのですが、ダメですよね。
 
 
巷では、18時以降は
ご飯を食べない方が良いとか
 
20時までにご飯を食べた方が
良いといったり
 
 
様々な意見がありますね。
 
 
 
あなたは、どうお考えですか???
 
 
 
 
私は、この晩ご飯の時間は
いつでもよいと思っております。
 
 
19時に食べようが
23時に食べようが
25時に食べようが
 
 
脂肪が増えないように食べる
 

これができれば
何時に食べようが脂肪はつきません。
 
 
どんなに早く晩ご飯を
食べようと、その食べ物が
脂肪になる要素があれば
必ず太ります…
 
 
ご飯(お米)は
食べすぎたら脂肪になりますが
量を調節すれば脂肪になることは
ありません。
 
以前のブログにも書きましたが
ご飯110gは脂肪は増えません。
 
 
例えば、
 
ご飯110g
サラダチキン
サラダ
 
コンビニでも、手に入るような
この食事
 
 
脂肪が増える要素ありますか???
 
 
この食事を0時に食べても
大丈夫そうじゃないですか???
 
 
 
 
 
 
極端な話になるかもしれませんが
 
お菓子(スイーツ)だけ食べて寝る。
 
このような人の方が
絶対に脂肪が増えますよね。
 
18時に食べて、9時に寝ても
脂肪は増えますよね。
 
 
実際にいるんですよ。
こういう人は…
 
このブログを長く読まれている
あなたは、そんなことは
ないとは思いますが。
 
 
 
 
脂肪にならないように食べることが
できれば、どんなに遅く食べようと
脂肪が増え、太ることはありません。
 
 
まずは
脂肪が増える食べ物、飲み物が
なんなのか?
 
これを理解するべきですね。
 
 
脂肪になるもの
覚えてますか???
 
 
トップページはこちら
 

脂肪燃焼効率を引き上げるコツ


パーソナルトレーニングスタジオ
Slen(スレン)で活動する
前迫です。
 
 
はじめましての方はこちらを
ご覧ください。
 
↓↓↓
 
 
 
前回までのブログで
脂肪は悪者ではない。
 
ということを書いていきました。
 
 
脂肪は必要なものです。
 
脂肪がないと、人間は
生きていけません。
 
脂肪が悪者とは、思わないでくださいね。
 
 
なので、お肉もモリモリ食べて
大丈夫なんです(^▽^)/
 
 
 
カロリーが高いかもしれませんが
太ることはありません。
 
その理由は、前々回のブログで
お伝えしてます。
 
むしろ、お肉を食べた方が
痩せやすくなりますよ(^▽^)/
 
 
今回は、その理由を書いていきます。
 
 
脂肪を燃焼するためには
栄養が必要です。
 
以前、ブログで脂肪燃焼するためには
 
ぶどう糖、ビタミンB
ビタミンC、ミネラル
 
が必要だとお伝えしました。
 
これらが十分に摂取できていると
カルニチン
 
という栄養素を作ります。
 
このカルニチンが脂肪燃焼するのに
非常に重要なのです。
 
カルニチンがたくさんある身体は
痩せやすいということです。
 
 
ぶどう糖
ビタミンB
ビタミンC
ミネラル
 
をしっかりとっていれば
カルニチンを摂取できます。
 
もっと細かい栄養で言うと
 
・リジン
・メチオニン
・ビタミンC
・鉄
・ビタミンB3、B6
 
これらを取ると
カルニチンが出来上がります。
 
リジン、メチオニンはアミノ酸です。
 
アミノ酸は、たんぱく質を分解したもの
なので、たんぱく質をとれば
リジン、メチオニンを摂取できます。
 
お肉、豆などたんぱく質が
豊富に含まれる食品を食べれば
摂取できます。
 
鉄は、ミネラルの一部です。
 
ミネラルについて、以前ブログを
書きましたが、鉄分だけを
摂取するのはリスクがあります。
 
オススメしません。
 
マルチミネラルなどの
サプリをオススメします。
 
マルチミネラルで十分、鉄を
摂取できます。
 
 
ビタミンBにも8種類あります。
 
ビタミンBが全部入ってる
サプリをとれば十分です。
 
 
どれかとれてないと
カルニチンが合成されないので
脂肪燃焼されない…
 
運動を毎日のように頑張っているのに
脂肪が減らない。
 
今まで順調に脂肪が減っていたのに
減らなくなってきた。
 
もしかしたら、カルニチン不足かも
しれません。
 
 
カルニチンは身体の中で
作られるので、材料をしっかり
とりましょう!!
 
 
もっと手取り早く
カルニチンを摂取したい方に
オススメな方法は
 
お肉を食べることです
 
 
お肉には、カルニチンが
多く含まれています。
 
 
特に、多いのは
 
牛肉です
 


牛肉は、豚肉、鶏肉とは
比べ物にならないくらい
カルニチンが多いんです。
 
なので、牛肉をよくたべられている方は
痩せやすいんです。
 
 
よく、牛肉は脂肪が多く
太ると思われがちですが
そんなことはありません。
 
牛肉食べれば
脂肪燃焼されやすくなります。
筋肉もつきやすくなります。
 
いいことばかりです。
 
 
牛肉食べて脂肪を増やそうなんて
難しいですよ。
 
以前、脂肪について詳しく書いた
ブログで紹介しています。
 
 
牛肉、しっかり食べて
モリモリ運動しましょう(^▽^)/
 
 
トップページはこちら

脂肪って、ほんとはすごくいい奴なんです♪


パーソナルトレーニングスタジオ
Slen(スレン)で活動する
前迫です。
 
 
はじめましての方はこちらを
ご覧ください。
 
↓↓↓
 
・プロフィール
 
 
昨日のブログでは、脂肪について
書いていきました。
 
脂肪を食べたら、脂肪になるのは
なるのですが、
 
太ることはないということを
書いていきました。
 
その理由も書いてます。
 
 
もし、また読んでいない方は
ぜひ読んでおいてくださいね(^▽^)/
 
脂肪が怖くなくなりますから。
 
 
そもそも、脂肪の役割は
3つあります。
 
まず一つ目は、エネルギーとして
使われます。
 
低強度の運動時、エネルギーになります。
ウォーキング、軽いジョギングなど。
基礎代謝のエネルギーにもなります。
脳以外ですけどね。
 
 
 
二つ目は、保温(断熱効果)です。
冷たい外気から守ります。
脂肪ない人は、すぐに体が冷えますね…
 
ある程度の脂肪はあった方がいいですよ。
 
体調を崩しやすくなってしまいますから。
 
 
 
 
 
三つ目は、保護(緩衝作用)
ショック吸収や骨で守れない
ところを守る。
 
お腹周りは、骨がないので
お腹を守るために脂肪がつきやすいのです。
 
ちなみに脂肪は、身体を守るために
できるので、身体を守らなくては
いけない何か理由があるとしたら
脂肪がどんどんつきます。
 
 
 
例えば、お腹以外は細いのに
お腹だけポッコリ。
 
下腹部だけポッコリ。
 
で、運動頑張っても
なかなかこのポッコリが減らない…
 
 
もしかすると、内臓が
弱っているのかもしれません…
 
弱っている内臓を保護するために
内臓脂肪などがついてしまうんですね。
 
内臓を元気にしましょう(^▽^)/
 
まぁ対処方法はいくつか
あるのですが、また今度書きますね。
 
 
脂肪の役割はこれら3つです。
 
 
十分に脂肪を蓄えている方は
脂肪を意識的に取らないでくださいね…笑
 
蓄えている脂肪で、運動も
ちゃんとできるし、基礎代謝の
エネルギーもある。
身体を十分に守っています。
 
 
細身の方は、気をつけてください。
ここで言う細身の方というのは
 
周りからは細いとは言われるけど
自分自身は細いとは思っていない
という人も含みます。
 
自分は細いなんて思っている人は
あまりいないので。
 
あまり、脂肪を蓄えていない人は
定期的に脂肪を摂取しないと
身体を守るものがないので危険ですよ。
 
 
少しは、脂肪を摂取しましょうね。
 
 
特に、細身の女性は
脂肪をある程度、摂取していないと
生理周期が乱れる可能性が高いです。
 
脂肪(中性脂肪)は
コレステロールの材料になります。
 
そして、コレステロールは
女性ホルモンである
エストロゲンやプロゲステロンの
材料になります。
 
 
エストロゲンとプロゲステロンの
バランスが悪い、分泌されない状態は
よくないですね…
 
生理が起きない…
 
 
細身の女性に多いです。
女性アスリートにも多いですね。
 
これ、骨折しやすくなったりも
するのでほんと気をつけた方が
いいんです。
 
 
生理周期を乱さないためにも
ある程度、脂肪を摂取しましょう!!
 
 
あと、脂肪を摂取すると
 
コレステロール値が上がる?
 
血液がドロドロになる?
 
血管が詰まる?切れる?
 
ということがよく言われていますが
 
これらは、脂肪が犯人ではありません。
 
 
真犯人がいるのですが
その話は、またいつか…笑
 
どうしても気になるようなら
前迫に直接聞いてください。
 
 
今日のブログで
何が言いたいかと言うと
 
脂肪っていい奴だよ(^▽^)/
 
っていうこと。
 
脂肪が悪い奴だなんて
思わないでください。
 
人間、脂肪がないと
生きていけませんから。
 
ただ、脂肪を蓄えすぎていると
いう人は、頑張りましょうね!笑
 
そんなに脂肪はいりませんよ!笑
 
 
脂肪のイメージ変わりました???
 
 
トップページはこちら

脂肪を食べても、太らない理由


パーソナルトレーニングスタジオ
Slen(スレン)で活動する
前迫です。
 
 
はじめましての方はこちらを
ご覧ください。
 
↓↓↓
 
 
 
 
 
脂肪を食べたら、脂肪が増える…
 
 
あなたもこのように
思われていますか???
 
 
 
前迫の意見を言うと
 
脂肪を食べたら、脂肪は増えます。
 
しかし、
 
太ることはありません!
 
 
今日は、この脂肪について
書いていきますね。
 
 
 
まず、知って頂きたいことがあります。
 
 
人間は、約200gの脂肪が
毎日消費されています。
 
 
基礎代謝で100g消費され
 
活動代謝で100g消費されています。
 
 
基礎代謝とは、人間が生きて
いる状態であれば必ず消費するエネルギー。
 
生きていくために最低限必要な生命活動、
つまり内臓を動かしたり
体温を維持するなどに使われる
エネルギーです。
 
 
活動代謝とは、お仕事や、家事などを
行っている時に使われるエネルギーです。
 
もちろん、スポーツや筋トレなどの
運動も活動代謝になります。
 
 
 
一日中、家でゴロゴロしていない限り
200gの脂肪が消費されているのです。
 
 
ということは
 
一日、200g以上の脂肪を
摂取しないと、脂肪が増え
太れないということになります。
 
 
200g以下であれば、脂肪が
減っていきます。
 
 
200gの脂肪って結構な量ですよね。
 
分かる人はびっくりしているかと思います。
 
 
ピンと来ない人に
一つ例を出します。
 
 
お肉にも脂肪が含まれますよね。
 
 
もしお肉で脂肪を増やそうと
したらどのくらい食べる必要が
あるのでしょうか???
 
 
お肉100gの中には…
 
・水                    約60〜70%
・たんぱく質      約12〜15%
・中性脂肪         約12〜15%
 
脂肪は約12〜15g含まれる。
 
100g  ÷  12〜15g  =  6.67〜8.33
 
※脂肪100g摂取するには
  667g〜833gのお肉が必要になります。
 
 
200gの脂肪となると…
 
 
667g〜833g  ×  2  =  1.3〜1.7kg
 
 
 
 
 
はい…
 
 
 
 
200gの脂肪をとるためには
お肉を1.3〜1.7kg
も食べないといけない…笑
 
 
 
もし、あなたがこれだけのお肉を
食べているなら、脂肪が
増えて太りますので
お気をつけください…笑
 
 
 
まぁ、普通はこんなに
食べれませんよね…笑
 
 
 
とは言っても
お肉を食べた時点で
多少なりとも脂肪を摂取しています。
 
なので、食べた時点で
脂肪は確かに増えています。
 
しかし、
 
基礎代謝、活動代謝で
200g毎日脂肪がなくなっている
ことをお忘れなく(^▽^)/
 
 
これらの理由により
 
脂肪を食べたら、脂肪は増えるけど
太りはしないです。
 
脂肪を食べて太るには
かなり食べないと太れません。
 
 
※ストイックにトレーニングをされて
  いる方は、この脂肪もカットされる方も
  います。少しでも早く痩せたい人は
  この脂肪をカットする方法も悪くはないです。
 
 
お肉を食べたら脂肪を摂取するから
太ってしまうと思っている方も
いるかもしれませんが
 
安心してください(^▽^)/
 
 
脂肪は増やせれないですよ…笑
 
 
しっかり食べてください。
 
 
えっ?
 
お肉食べてて脂肪が増えている???
 
 
 
それは、お肉以外の
脂肪が増える食べ物、食べて
るんじゃないですか???
 
 
以前、炭水化物のブログで
脂肪になる食べ物を
紹介したので、大丈夫ですよね。
 
 
とにかく、脂肪食べても
大丈夫なので、
 
ゆで卵の白身だけ食べるとか
鳥のササミ肉ばかり食べるとか
 
そんなこと
やらなくていいですよ!
 
 
何回も言うようですが
コンテストに出場するなど
ストイックにトレーニングをする人は
脂肪カットもいいと思います。
 
 
そんな急いでいなのであれば
脂肪も摂取しましょう!
 
 
脂肪を摂取するといいことあります。
 
脂肪摂取しないと悪いこともあります…
 
 
それは、また次回
ブログで紹介しますねー
 
 
お肉モリモリ食べましょうね(^▽^)/
 
 
 
 
 
トップページはこちら

プロテインを飲む前に行いたいこと。


パーソナルトレーニングスタジオ
Slen(スレン)で活動する
前迫です。
 
 
はじめましての方はこちらを
ご覧ください。
 
↓↓↓
 
 
・プロフィール
 
 
昨日のブログで
プロテインを飲まれる方は
胃腸を強くすることを
オススメしました。
 
 
胃を強くし、腸内環境を
整える栄養素としては
 
・ビタミンC
 
・フラクトオリゴ糖
 
 
があります。
 
 
これらをとることによって
プロテインの吸収力を高めます。
 
 
 
お酒をよく飲む。
お肉をよく食べる。
油の取りすぎ。
ストレスいっぱい。
 
 
このような人は
かなり、胃腸の調子が悪くなり
 
便秘、下痢、ガス溜まりを
引き起こします。
 
 
 
 
ビタミンCを大量に
摂取する必要があります。
 
以前、ブログにも書きましたが
 
ある学者さんは
成人1000㎎〜18000㎎摂取するべきと
言っておられます。
 
もっとわかりやすい量を
お伝えさせていただくと
 
体重1kgに対して、200〜300㎎
摂取しても大丈夫なんです。
 
 
体重50kgの人であれば
10000㎎〜15000㎎摂取すると
身体の調子はほんとよくなります。
 
 
いきなりこんな量は
取らないでくださいね。
 
少しづつ増やしていきましょう。
 
 
しっかり栄養とっておけば
プロテインの効果をしっかり実感
できますよ(^▽^)/
 
 
 
そして、プロテインを飲む方に
注意して頂きたいことがあります。
 
 
プロテインを飲んだ後は
運動をしないでください。
 
 
プロテインを飲んだ後に
運動をしちゃうと消化不良を
起こしてしまいます。
 
 
なぜ消化不良を起こすのかは
また書きますね。
 
 
消化不良を起こしてしまうと
せっかく飲んだプロテインが
吸収されません。
 
 
もし、プロテイン飲んでる人で
便秘になったり、よくお腹を
くだしている人は
消化不良を起こしているのかも…
 
 
それでは、プロテインが
もったいない…
 
 
プロテインに限ったことでは
ないんですけどね。
 
 
何か食べた後に、すぐ動くのも
控えた方がいいですねー
 
 
 
プロテインを飲んだら
あまり動かないように
できればベストです!!
 
 
プロテイン飲んで寝るでもOK
 
 
とにかくちゃんと吸収される
状態にすることが大事です。
 
 
プロテインを愛用されているあなた。
 
ちゃんと吸収されていますか???
 
 
トップページはこちら

筋肉をつけるためには胃腸を整えること!


パーソナルトレーニングスタジオ
Slen(スレン)で活動する
前迫です。
 
 
はじめましての方はこちらを
ご覧ください。
 
↓↓↓
 
・プロフィール
 
 
 
 
ある映画を観ました。
 
 
 
 
 
 
『カメラを止めるな』
 
 
 
 
 
 
 
 
めちゃくちゃ面白かったです!!
 
 
 
こんなに笑った映画は
はじめてでしたね…笑
 
 
 
家で見てたら爆笑でしたね。
 
 
映画館だから、我慢するのに
必死でした…笑
 
まぁみんなすごい笑ってましたけど。
 
 
もし、見に行かれる方へ
注意点をお伝えします。
 
 
上の画像に
 
最後まで席を立つな。
この映画は二度はじまる。
 
とあるように
 
 
映画がはじまって30分くらいは
帰りたくなるかもしれません…笑
 
 
しかし、
 
そこを乗り越えれば
この映画の素晴らしさが
見えてきます!!!
 
 
ほんと面白かったので
是非、見に行ってみてください。
 
 
もう一度、見に行きたいと
思うくらい面白かったですよ♪
 
 
 
はい!
 
 
 
 
 
ということで、今日も
たんぱく質について書いていきますね。
 
 
 
昨日のブログで
プロテインをオススメしました。
 
 
プロテインを飲まれることは
すごくいいことなのです。
 
筋肉が増えやすいです。
 
身体も元気になります。
 
お肌がキレイになります。
 
 
ただし、
 
 
ちゃんと身体に吸収されて
いる方の話です。
 
 
プロテイン飲んでるけど
筋肉が全然増えないと
いう人も多いです。
 
 
プロテインに合う合わないが
あるのかもしれませんが
 
 
その前に、
 
あなたの胃腸が
正常に、働いているのかが重要です。
 
 
胃腸が弱り、正常に働いて
くれないと、食べ物、飲み物の
消化吸収が上手くいきません。
 
 
胃腸が弱り、吸収されにくい人が
どんなに良質なプロテインを飲んでも
あまり意味がありません。
 
吸収されないのですから…
 
 
そういう人は、お腹下している人が
多いですね。
 
 
お腹下しているということは
緊急排出している状態なので
吸収する前に身体から出して
しまいます。
 
 
これでは、プロテインが
もったいない…
 
 
しっかり吸収される
状態にするためには
これも栄養が必要です。
 
 
まずは、ビタミンCが必要です!
 
 
ビタミンCがあることで
胃腸が正常に働いてくれます。
 
消化、吸収しやすい身体に
なり筋肉もつきやすいですね。
 
 
あとは、腸内環境を整えるものとして、
 
フラクトオリゴ糖
 
もオススメします。
 
 
 
腸内環境を整えてくれ
腸の働きを良くしてくれます。
 
 
 
これらの栄養素で
しっかり胃腸を整えるべきです。
 
 
そうすれば、プロテインの効果も
実感しやすいですね。
 
 
トレーニングしてるけど
筋肉がなかなか増えないと
いう方は、胃腸が弱いのかも。
 
プロテインの前に
しっかり栄養とりましょうね(^▽^)/
 
 
 
トップページはこちら

ダイエットでも、これはオススメします!


パーソナルトレーニングスタジオ
Slen(スレン)で活動する
前迫です。
 
 
はじめましての方はこちらを
ご覧ください。
 
↓↓↓
 
・プロフィール
 
 
少しづつ、涼しくなってますねー
 
 
運動のしやすい季節に
なってますねー
 
しっかり栄養とって
モリモリ運動しましょう(^▽^)/
 
 
 
昨日から、たんぱく質に
ついてブログを書いています。
 
 
昨日のブログ読んでない方は
是非読んでみてくださいね!!
 
 
ダイエットの方でも
たんぱく質をしっかり摂取することは
大事です。
 
 
たんぱく質は、
お肉、魚、卵、豆類、乳製品に
多く含まれているので
3食の食事でしっかり摂取する
ことをオススメしています。
 
 
どのくらいの量を摂取したら良いのか?
 
昨日のブログに
書いてますのでここでは
省きますが、かなり食べないと
いけないと思われている方が
多いかと思います。
 
 
特に女性には、大変です。
 
 
そのような方には
プロテインを飲まれることを
オススメしています。
 
 
プロテインなら、一杯で
15〜20gほどのたんぱく質を
手軽に摂取できます。
 
 
お肉をたくさん食べられない方には
オススメです。
 
 
最近では、コンビニや
スーパーにプロテイン売ってます。
 

前迫もよく飲んでいます。
 
 
上の画像のプロテインなんか
すごく美味しいですよ(^▽^)/
 
 
こういったプロテインを飲めば
あなたに必要な量のたんぱく質を
摂取することができます。
 
 
プロテインは
運動後、30分以内に摂取することが
良いとされています。
 
 
別に飲むことが悪いとは
思いませんが、このタイミングには
あるリスクを伴います。
 
 
プロテインは、運動直後に
摂取する必要はありません。
 
 
なので、トレーニング直後に
プロテイン飲んでも
筋肉がつきやすいと
いうことはありません。
 
 
どんなタイミングでも
ちゃんと身体に吸収されていれば
いつ飲んでも大丈夫です!
 
 
ちゃんと吸収されないと
意味がありません。
 
 
では、プロテインを
どのタイミングで摂取したら
いいのか?
 
ちゃんと身体に吸収される
ようにするにはどうしたらいいのか?
 
 
この話は、次回に回しますね。
 
 
お楽しみにー
 
 
トップページはこちら

筋肉をつけるための栄養


パーソナルトレーニングスタジオ
Slen(スレン)で活動する
前迫です。
 
 
はじめましての方はこちらを
ご覧ください。
 
↓↓↓
 
 
 
 
ダイエットでは、脂肪を減らす
ことも大事ですが、筋肉を増やす
ことも大事です。
 
筋肉が増えると、基礎代謝が
上がり、脂肪を燃焼しやすい
身体になります。
 
 
そして、ボディラインが
キレイになります。
 
 
筋肉をつけることで
見た目が美しくなるということです(^▽^)/
 
 
筋肉をつけるためには
筋力トレーニングです。
 
方法はいろいろあります。
 
マシンでのトレーニングを
行って筋肉をつけるのもいいし
 
 
 
自体重だけで、道具を使わずに
筋力トレーニングをするのもいいし
 
 
 
ダンベル、バーベルを担いで
ガシガシトレーニングを
行うのもいいですね。
 
 
ここは、あなたが好きなやり方で
いいと思います。
 
 
絶対にマシントレーニングを
やらないと筋肉がつかないとかは
ありませんので。
 
 
好きなやり方で
どんどんトレーニングを
していけば、筋肉はついていきます。
 
 
もし、あなたが
頻繁にトレーニングを
行っていないのに
筋肉がつかないなー  と
思っているなら
 
 
筋力トレーニングのやり方を
見直すのも大事ですが
食事を見直すこともした方が
いいと思いますよ!
 
 
なかなか筋肉がつかない方は
栄養不足になっている方が多いです。
 
 
何が不足しているのかと言うと
 
 
たんぱく質です。
 
 
筋肉を増やすためには
たんぱく質が必要です。
 
 
たんぱく質が不足している状態で
どんどんトレーニングを
行ったとしても、筋肉は増えません。
 
 
逆に減る方もいます…
 
 
ダイエットでも、筋肉が
減ることで基礎代謝が落ち
痩せにくくなる方もいます。
 
 
ダイエットでも筋肉をつける
ことを強くオススメします。
 
 
たんぱく質は
 
・肉
・魚
・卵
・豆類
・乳製品
に多く含まれています。
 
 
 
 
 
これらを3食の中に
入れておきたいですね。
 
 
あなたの食事には
たんぱく質がちゃんと入って
いますか???
 
 
ここで、ほとんどの方が
私はたんぱく質をとってる!!
 
と答えます。
 
 
では、質問を変えます。
 
 
あなたは、筋肉が
増えるほど、たんぱく質を
とれていますか???
 
 
この質問をされてもしっかりたんぱく質を
とれているという方は大丈夫だと思います。
 
 
実際どのくらい必要なのか
わからない。
 
自分がどのくらいとってるのかも
わからない。
 
このような方は、おそらく
たんぱく質が足りていないです。
 
 
 
まず、たんぱく質は
どのくらい摂取するべきなのかと言うと
 
 
体重 1kg  に対して  1gのたんぱく質を
摂取するのが基本です。
 
体重  60kgの方であれば、60gです。
 
 
赤身の牛ステーキ肉 100gで
15〜20gのたんぱく質が摂取できます。
 
卵 一つで、6〜7g摂取できます。
 
納豆ひとパックで、6〜8gほどです。
 
 
 
もう一度、聞きますね。
 
 
 
あなたは、筋肉が
増えるほど、たんぱく質を
とれていますか???
 
 
 
もし、足りてないと思うようなら
今後、たんぱく質の量を増やして
みましょう。
 
 
余裕がある方は、
体重の1.2〜1.5倍ほどの
たんぱく質がとれると
かなり筋肉が増えやすいですよ(^▽^)/
 
 
体重60kgの方であれば72〜90gです。
 
 
かなりの量でなかなか
食べながらたんぱく質をとるのは
難しいという方は
 
 
プロテインを摂取するのも
いいかと思います。
 
 
プロテインの話はまた書きます。
 
 
 
とにかく
健康的にキレイに
痩せるためには、筋肉を
増やすことが大事です。
 
 
そのためにたんぱく質を摂取
しましょう(^▽^)/
 
 
あなたは、たんぱく質
しっかりとれていますか???
 
 
トップページはこちら

脂肪を燃焼するために必要な栄養④


パーソナルトレーニングスタジオ
Slen(スレン)で活動する
前迫です。
 
 
はじめましての方はこちらを
ご覧ください。
 
↓↓↓
 
 
 
 
まずは報告!!
 
我がスタジオの
看板が出来上がりました。
 
 
これで始めて来られる方も
分かりやすいはず。
 
 
 
 
 
脂肪を燃焼するために必要な栄養。
 
みなさんはもう覚えましたか???
 
 
そう!!!
 
 
・ブドウ糖
・ビタミンB
・ビタミンC
・ミネラル
 
この4つです。
 
どれか一つでも不足すると
なかなか脂肪が減りません。
 
 
トレーニング毎日頑張ってるのに
思ったように脂肪が減っていない…
 
 
栄養不足が原因かもしれません…
 
 
前回、前々回のブログで
ビタミンCとビタミンBについて
書いていきました。
 
まだ読んでない方は、是非
読んでみてください。
 
 
今日は、ミネラルについて
書いていきます。
 
まずミネラルもたくさんあります。
 
 
人間の身体に必要とされる
ミネラルは16種類とされていて
これを必須ミネラルと呼びます。
 
 
人体に含まれる量によって
主要ミネラル7種類と
微量ミネラル9種類に分けられています。

【主要ミネラル】(7種類)
カルシウム・リン・カリウム

硫黄塩素・ナトリウム・マグネシウム
【微量ミネラル】(9種類)
鉄・亜鉛・銅・マンガン・クロム
ヨウ素・セレン・モリブデン・コバルト

これら必須ミネラルのうち

塩素・硫黄・コバルト以外の
13種類については、
 
厚生労働省「日本人の食事摂取基準
(2015年版)」で摂取量の
指標が定められているみたいです。
 
 
 
そして、この中でも
特に必要だと考えるものは
 
・カルシウム
・マグネシウム
・亜鉛
・鉄
・マンガン
・銅
・セレン
・クロム
・モリブデン
 
 
これらは、ダイエットには
かなり必要です。
 
これらをとれていないと
筋肉も増えにくく、脂肪も減りにくい
身体になってしまいます。
 
お肌にも悪いです…
 
 
これらミネラルをとると
どんな効果があるのかというと
 
 
・エネルギー生成
・ホルモン生成
・神経伝達物質の調整
・糖質の代謝
・コレステロールの代謝
・アミノ酸の代謝
・コラーゲン合成
・プロテオグリカン合成(腱・靭帯・軟骨など)
・メラニンの形成
・鉄の代謝
 
 
まだまだたくさんの効果があります。
 
 
プロテオグリカンが合成されると
軟骨になったり、腱、靭帯になります。
 
皇◯飲むより、ミネラルとった方が
いいですねー笑
 
 
また話がそれました…
 
 
健康的にキレイに痩せたい方は
ミネラルをとりましょう!
 
ビタミンB、ビタミンCと同じように
脂肪が減りやすくなり
筋肉もつきやすくなり
お肌もキレイなり
元気モリモリになる。
 
ミネラルとらないと損ですね。
 
 
ミネラルは、魚介類や海藻類に
多く含まれていますが
まんべんなくミネラルを摂取するのは
不可能に近いんです…
 
 
なので、たくさん食べることが
苦手な方は、ビタミンB、ビタミンC
同様にサプメントをオススメします。
 
真ん中と右側のサプメントは
マルチビタミン&ミネラルです。
 
ミネラルがしっかり入っています。
 
マルチミネラルというサプメントも
あるので、そちらを摂取するのも
いいですね。
 
 
ちなみにミネラルは、バランスよく
摂取することで身体に吸収されると
言われています。
 
 
「鉄」を単体で摂取されている
女性は多いかと思います。
 
病院で鉄剤を処方され飲んだら
胃がムカムカする…
胃が荒れる…
 
胃薬も併用する。
 
 
こういった状態になっている方が多いです。
 
 
鉄を単体で摂取するからです。
 
 
バランスよく摂取しましょう(^▽^)/
 
 
たしかに食事で毎食、毎日
ミネラルをバランスよくとるのは
難しいです。
 
 
なので、サプメントを上手くつかい
貧血も改善させましょう(^▽^)/
 
 
 
またダイエットの話から
それてしまいましたが
 
 
ブドウ糖は、ちゃんとご飯(お米)を
三食、食べていれば大丈夫。
 
残りの、
 
ビタミンB、ビタミンC、ミネラル
 
ここを上手く摂取することに
よって脂肪が効率よく燃焼されます。
 
 
運動をすればするほど
脂肪が減っていきます。
 
 
運動のやり方が悪くて
脂肪が燃焼されない方もいますが
 
 
栄養不足でも脂肪が燃焼されないことも
覚えておいてください!!
 
 
さぁしっかり栄養とって
運動しましょう(^▽^)/
 
 
トップページはこちら

脂肪を燃焼するために必要な栄養③


パーソナルトレーニングスタジオ
Slen(スレン)で活動する
前迫です。
 
 
はじめましての方はこちらを
ご覧ください。
 
↓↓↓
 
・プロフィール
 
 
昨日はビタミンCについて
ブログを書いていきました。
 
ビタミンCをとることで
 
筋肉増えやすくなるし
脂肪減りやすくなるし
お肌がキレイになる。
 
この他にもたくさんの効果を
期待できます。
 
詳しくは、前回のブログを
チェックしてください!!
 
 
今日は、ビタミンBについて
書かせて頂きます。
 
ビタミンBも脂肪燃焼には
非常に大事な栄養素です。
 
ビタミンBは、ビタミンCと違って
何種類も存在します。
 
・ビタミンB1
・ビタミンB2
・ビタミンB6
・ビタミンB12
・ナイアシン
・パントテン酸
・葉酸
・ビオチン
 
このように8種類あります。
 
なので、ビタミンB群とか
ビタミンB複合体とも呼ばれています。
 
 
それぞれ効果が違います。
 
 
・ビタミンB1…糖質の代謝に必要な栄養素
 
 
・ビタミンB2…脂質の代謝に必要な栄養素
 
 
・ビタミンB6…たんぱく質の代謝に必要な栄養素
 
 
・ビタミンB12…ヘモグロビン生成を助ける
 
 
・ナイアシン…皮膚や粘膜の健康維持を助ける
 
 
・パントテン酸…ホルモン、免疫抗体などの合成
 
 
・葉酸…赤血球の細胞の生成
 
 
・ビオチン…皮膚や粘膜の健康を助ける
 
 
 
様々な効果があります。
 
 
ダイエットで言うとビタミンB群を
しっかり摂取しておくことで
 
・脂肪が減りやすくなる
・筋肉がつきやすくなる
・糖質をエネルギーに変えやすくなる
・お肌がキレイになる
・免疫力が上がる
 
など様々な効果が期待できます。
 
 
簡単に言うと、ビタミンB群を
摂取すれば、健康的にキレイに
痩せていくと言うことです!!
 
 
すごくいいですよね。
 
 
ビタミンC、同様、取らないなんて
もったいないです。
 
 
肉類や、魚介類に多く含まれています。
 
どんどん食べていきたい所ですが
毎日、三食たくさん食べるのが
大変と思われている方もいると思います。
 
しかも、ビタミンB群の全種類が
まんべんなく含まれている食品は
ありません。
 
なので、かなりたくさん食べないと
いけません。
 
食べれる方はいいですが、
難しいと思われる方は
サプメントもあるので
試してみてください。
 
 
左側のサプメントは
ディアナチュラというサプメント。
 
薬局で売ってます。
 
 
右側は、私のスタジオで販売している
サプメントです。
 
 
サプメントなら手軽に
ビタミンBを摂取できますので
よくトレーニングをされる方に
オススメです。
 
スポーツをよくされる人なんか
絶対とるべきです。
 
 
ビタミンBをとると
身体がポカポカしてくるので
冷え性に悩んでいふ方にも
オススメです。
 
 
どのくらいとったらいいのか?
 
目安を言うと
 
 
ビタミンBがしっかりとれていると
尿がかなり黄色くなります。
 
この状態を目安にしましょう。
 
 
ビタミンBがとれていないと
尿が透明に近づきます。
 
そうなっていればすぐに
ビタミンBを摂取しましょう!
 
 
大量にとっても身体に
害はありませんし、脂肪にも
ならないので、多めに摂取
して頂くことをオススメします。
 
 
 
しっかりビタミンC、ビタミンBを
とって運動しましょう(^▽^)/
 
 
トップページはこちら
プロフィール
前迫大昌プロフィール

前迫 大昌(まえさこ ひろまさ)
詳しいプロフィール
どんなトレーニング指導をするの?
BFRトレーニング
姿勢美人養成トレーニング♪
出版書籍
活動場所のご案内
メニュー
ブログ
最近の投稿
アーカイブ
2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930