広島 ダイエット 姿勢改善 パーソナルトレーニング 

【広島】パーソナルトレーニングでキレイな姿勢に導きながらダイエットを成功させます!前迫HP

大手スポーツクラブお客様【指名数】全国トップクラスの人気パーソナルトレーナーがあなたを全力でサポートします! 西日本では人気№1

BFRトレーニングの効果は?


 

BFRトレーニングの効果(1)

 

BFRトレーニングを行うと

成長ホルモンが多く分泌されます。

 

腕や脚の付け根に巻いたベルトより

下の部分の筋肉(力こぶや太もも)に、

乳酸という疲労物質が発生します。

この乳酸が大事な役割を果たすのです。

 

筋肉内に大量の乳酸が溜まると、

脳が筋肉に大きな負荷がかかっている!

と勘違いして下垂体から大量の

成長ホルモンが分泌されます。

 

本来ならば長時間かなり大きい負荷を

与えないと分泌されないくらいの

成長ホルモンが、

低負荷・低時間で分泌されます。

 

女性や、時間のない忙しい方には、

とても効率的なトレーニングであることが

お分かりいただけると思います。

 

そして分泌された大量の成長ホルモンが、

BFRトレーニング後、

数時間にわたってカラダについている

体脂肪を燃焼、燃えやすい状態にしてくれるのです。

 

成長ホルモンはベルトをしている

腕や脚だけでなく血流に乗って全身に行き渡るので、

脂肪量が多いお腹周りの体脂肪を分解し、キュッと引き締め、

美しいくびれを作る手助けをしてくれます。

 

 BFRトレーニングの効果(2)

 

BFRトレーニングは成長ホルモンを

大量に分泌させるほかに

ダイエットに関してもう一つ大きな効果があります。

 

それはウエイトトレーニングをした後に

BFRトレーニングをすることによって

より筋肉がつきやすい状態にしてくれることです。

 

 

BFRトレーニングを

継続して行うとカラダの中の

ミオスタチンという物質が減少します。

 

ミオスタチンとは筋肉の成長を

妨害するタンパク質です。

 

頑張ってトレーニングをしても

このミオスタチンが筋肉の成長を邪魔してくるので

筋肉は短期間で成長するのが難しいです。

 

しかし、普通のトレーニングの後に

BFRトレーニングを行うと、

この邪魔者であるミオスタチンを

かなり減少してくれる為、より効率よく

筋肉を成長させることができるのです。

 

最新の実験で、12週BFRトレーニングを

行うとミオスタチンが25%減少し、

フォリスタチンという物質が40%増加したという

結果が出ています。

 

フォリスタチンとは筋肉の成長を

邪魔するミオスタチンにくっつき、

ミオスタチンを動けないようにして筋肉の

成長を間接的に助けてくれる優等生です。

 

ミオスタチンの減少、フォリスタチンの増加、

この2つの相乗効果によって、

効率的に筋肉を成長させていくというのが

BFRトレーニングのコンセプトでもあります。

 

初めての方へでも書いているので繰り返しになりますが、

女性は元々の筋肉量が少ない為、男性と同じトレーニングをしても

ムキムキになることはまずありませんので

その点で心配されている方は安心してください。

 

女性が筋トレをすると細くてシュッとした見栄えのよい筋肉がつきます。

 

 BFRトレーニングで期待される効果

 

成長ホルモンの分泌(効果1)とミオスタチンの減少(効果2)が

BFRトレーニングの2大コンセプトですが、成長ホルモンが分泌され、

筋肉が成長するとカラダに様々な良い影響を与えてくれます。

 

1.脂肪燃焼効果

 

成長ホルモンが体脂肪の分解を促す・筋肉が増えて

基礎代謝が上がり太りにくい痩せやすいカラダになります。

 
2.筋力アップ

 

筋力が上がると、階段の昇り降りが楽になったり、

電車で立ちっぱなしでもしんどくないなど日常生活が楽になります。

 
3.肌が綺麗になる 髪の毛が黒くなる

 

成長ホルモンは、「最高の若返り美容液」と呼ばれ、

肌の水分量やコラーゲンを増やしてくれます。

また新陳代謝を高め新しい細胞作りを促す為、

傷ついた肌の修復や髪の毛を黒くする効果もあります。

 

4.疲労回復効果

 

成長ホルモンが不足すると人は疲労を感じやすくなります。

トレーニングにより定期的に分泌させておけば不足しにくくなり、

トレーニングをしていない同年代の方と比較すると

明らかに疲れにくいカラダになります。

 

BFRトレーニングのデメリット

 

ここまでいいところばかりを書いていましたが、

よりBFRトレーニングを深く理解していただく為に、

デメリットも記載します。

 

BFRトレーニングはデメリットが少ないとは

言ってもゼロではありません。

このデメリットはすべての人に起きる現象ではなく、

起きる可能性があるということです。

 

 

1.一時的な貧血

 

トレーニング時に腕や脚に血液が集中し、脳に届く血液量が

少なくなることが原因で起きる現象です。

あくまで一時的なものですので、ベルトを外し横になっていればすぐに回復します。

 

2.一時的な消化機能の低下

 

激しい運動した後は食欲がなくなるときがあります。

これもトレーニング時に腕や脚に血液が集中し、

胃に送られる血液量が減少することで起きる現象です。

ですのでトレーニング開始90分前(できれば2時間前)には

食事を済ましておいてください。

 

 

プロフィール
前迫大昌プロフィール

前迫 大昌(まえさこ ひろまさ)
詳しいプロフィール
どんなトレーニング指導をするの?
BFRトレーニング
姿勢美人養成トレーニング♪
出版書籍
活動場所のご案内
メニュー
ブログ
最近の投稿
アーカイブ
2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728